勃起サポートサプリ

勃起しなくて挿入できない悩み解決!ED(勃起不全)・勃起薬・精力剤通!
EDは特別な悩みじゃない?

 EDになったというと、それまで普通にできていたことができなくなり、人間が本来持つ欲求に関わることでもあることから、すごく特異性のある病気になってしまったと感じる方が多いのではないでしょうか。
 また、その性質からすぐに病院に行こうとする人が少なく、決心して専門医を受診する気持ちになるまでにかかる期間は平均して5年という大学病院のデータもあります。

 EDになってしまったことを公にできないのは、自分の思うようにパートナーと性交渉ができない辛さもあるのと同時に、それを超える恥ずかしさがあるためと考えられます。
 その恥ずかしさの理由は、EDになる人なんてそんなにいないという思いからでしょう。
 しかし、実のところはEDで悩むことはまったく珍しいことではないのです。

 少し古いデータではありますが、1998年に日本性科学情報センターが31〜79歳の男性を対象に行った統計調査では、中等度EDと完全EDの患者数は合計1,130万人という結果が出ています。
 これに軽度EDの患者数をプラスすると、恐らく1,500万人くらいにはなるでしょう。
 日本人男性の人口数から考えると、およそ4人から5人に1人の割合でEDに悩んでいるということになります。
 だからEDでもいいということにはなりませんが、特別な病気という認識で恥ずかしいという気持ちを持つ必要はないということはできます。

 このようにEDの患者数が多いことから、インポテンツという人格の否定になりかねない言葉を用いないよう配慮がされてきているという流れがあるのでしょう。




copyright(c)
ED(勃起不全)解決NAVI
All Rights Reserved.